道具の話24・本家、トランギアのアルストが来た!       2018.03      [TOP]  [物欲]


数年前、急にアルストが欲しくなって道具一覧4・アルコールバーナーを作成し、
結局、軍用アルストを購入した件を道具の話9に書いた。
その後、アルスト熱は冷めていたのだが、最近、DUGのフォールディングメタストーブを買ったことで再燃。
やっぱり本家であるトランギアのB25(2500円+税)が欲しいっ!、と熱が出て、Web上にて物色していたのだが、
先日ヤフオクにて新品が約1800円即決で出品されており、送料含めても安そうなので落札。
4、5日して自宅に届いた。

   
想像より小さな小包だったので、「もしかしてブリスターパックかな?」と思ったら、
なんと、ビニール袋だけの超簡易包装だった。
したがって、取扱い説明書も注意書きも保証書もない。
イワタニ・プリムスが正規輸入した製品だったら化粧箱に入っていて取説もあるのにな(笑)
バーコードが73で始まるスウェーデン仕様だから、おそらく並行輸入品かも知れない。
本国ではこんな雑な扱いなんだな。
   
袋から取り出して、各部を点検する。
本体には多数の傷があり、3、4箇所のへこみすらあった。
「工芸品じゃなくて実用品だから」、ということだろうか。
フタには正規品にある赤いテープ(日本語の注意書き)がなく、しかも油にまみれていた。
また、消火フタの縁、フタの穴の縁、火力調整用のスライドフタの縁が未加工のまま。
よってエッジがカミソリの様に鋭く立っていて、このままでは非常に危ない。
これはヤスリで削って均してやった。
雑やなあ。。。
   
3年前に購入したスベアの軍用アルストと並べて比較。
さすがにB25は小さくて軽いね。
燃焼ヘッド部分の大きさは、だいたい同じくらい。
よく見ると、本体リブの上面も傷だらけだ。
   
で、私の"物欲スイッチ"を押した、DUGのフォールディングメタストーブに装着してみる。
あれれ? かなりゆるゆるできっちり固定できない。
   
実は、メタストーブを組み立てた状態で放置しておいたら、
風防にクセが付いて膨らんでしまったのだった。
クセさえ直せばB25にも合うはず、と弄ってみたが、やはり緩い。
そこでサイズを測ってみたところ、メタストーブの受け皿はB25より3mmも大きいことが判明。
どうしてB25に合わせた設計にしなかったのか分らないが、
受け皿をセットして固形燃料を使うのであれば、径を2mmほど削ってからの方が良いようだ。
   
緩くはあるが、外れて落ちるほどではないので、この仕様で使ってみた。
ほんの少しの燃料を入れて試してみたのだが、ちゃんとお茶が温まり、
なによりカップの縁が熱くならなかった点がありがたい。
また、風防が焼けていい感じになったのも嬉しい。

つづく

   

/
             

   
ここで残念なお知らせが・・・。
燃焼中に火力調整フタの開き具合を変えようと、手近にあったボロ布で掴んだところ、
熱で布が溶けてフタに癒着! 慌てて離したが、時すでに遅し。
綿100%だと思い込んでいたが、どうやら化繊が混じっていたらしい。
失敗した〜・・・。
ただの焦げだったらまだマシなのだが、布目模様が黒く付いてしまって超カッコ悪い。
爪で引っ掻いても取れないので、結局紙ヤスリで削ることにした。
当然、削った部分だけピカピカになってしまい、ワル目立ちすることになった。
あ〜あ、名前でも書いたろか・・・。
   
使用を重ねるごとに全体的に焼けが進み、貫禄は出てきたので、
これはこれでまあ良しとしようか。
はあ〜・・・。
   

   ←前へもどる      次へ進む→

      [TOP]  [物欲]